いびきの基本情報

いびきの種類は3種類!あなたのいびきはどのタイプ?

更新日:

8027ed6093420336b5d7e3ba19c4668d_s

あなたのいびきはどのタイプ?

いびきは症状によって大きく3つの種類に分けられます。
1:単純いびき症
2:睡眠時無呼吸症候群(SAS)
3:上気道抵抗症候群

今回は、それぞれの症状についてご説明します。

 

1:単純いびき症

単純いびき症とは、ごく一般的ないびきの事です。皆さんも必ず経験する事がある症状で、決して病気ではありません。

しかしイビキは自覚症状が少なく、仮に自分はいびきをかくと分かっていても、そのいびきが「睡眠時無呼吸症候群」なのか、「単純いびき症」なのかは判別しにくいです。

また、病気ではないとはいえ慢性的にいびきをかいていると、それが原因でさまざまな病気や疾患に繋がることもありますので対策が必要です。

まずは下記の記事で、あなたのいびきの原因が何かをチェックしましょう!

>>いびきの原因と具体的な対策方法を総まとめ!

 

 

2:睡眠時無呼吸症候群(閉塞型睡眠時無呼吸症候群)

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の患者さんのうち、90%以上が「閉塞型睡眠時無呼吸症候群」だといわれています。その名の通り、睡眠中に上気道がふさがり、完全に呼吸が止まってしまう症状です。

程度と呼吸が止まる頻度によってランク分けされます。呼吸が止まる事で脳や体への酸素の供給が低下する為、非常に危険な症状です。

睡眠時無呼吸症候群の詳細はコチラ

 

 

3:上気道抵抗症候群

上気道抵抗症候群(じょうきどうていこうしょうこうぐん)とは、何らかの原因によって上気道が狭くなってしまったために、「日中の激しい眠気」と「睡眠時に慢性的にいびきをかく」「睡眠中に脳波上の覚醒反応が起こる」症状のことです。

「睡眠時無呼吸症候群」のように睡眠時に呼吸が止まったりすることはありませんが、日常生活に大きな影響をきたす症状といえます。

上気道抵抗症候群は、「脳血管障害・心臓病(心疾患)・糖尿病」などの徴候として現れる可能性が高いともいわれています。

>>上気道抵抗症候群の詳細はこちらから

 

 

まとめ

単純いびき症であっても、無呼吸症候群であっても自分だけではその症状を自覚する事は非常に難しいです。

昼間に以上に眠い・何時間寝ても疲れが取れないなどの自覚があれば、もしかしたら寝ている間に無呼吸症候群や上気道抵抗症候群になっている恐れもあります。

まずは自分の症状を客観的にチェックし、あてはまる症状の改善を始めましょう。

>>いびきの原因と具体的な対策方法を総まとめ!

管理人が試したイチオシいびき対策

いぶきの実

寝息サプリランキングNo.1!満足度91.3%の信頼と実績!

いぶきの実は年を取るにつれて衰える筋肉成分を、還元型コエンザイムQ10で補い、内面から寝息のケアを強力にサポートします。その場しのぎの色々な対策グッズで改善出来ずに諦めていた方はぜひお試しください。 今なら初回モニター価格の2,490円(税込・送料無料)で試す事ができます!

-いびきの基本情報
-, , , ,

Copyright© いびき対策NAVI , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.