いびきのコラム

いびきは離婚の理由になる?民法が定める離婚事由から検証

更新日:

4da62c5b5d6e6258eb02231561fb6729-304x214

当サイトの管理人、斉藤さんはいびきがうるさすぎて離婚した男の1人です。
実際、いびきがうるさい事は離婚の理由として正当なものなのでしょうか?
調べてみました。

 

結論:いびきを直接の原因として離婚する事は難しい

裁判による離婚が認められる為には、客観的に婚姻を継続し難い重大な事由(理由)があることが必要です。

一般的には、いびきが客観的に婚姻を継続し難い重大な事由という離婚事由に該当することは言えないようです。ただし、協議・調停による離婚であれば離婚をすることができる可能性はあります。

 

法律的にはいびきで離婚できる?

tnfiggbs1

離婚件数は年々増えている傾向にあります。離婚の事由(理由)は様々であり、浮気などによる離婚も多いものの、性格・価値観の不一致が最も多いと言われています。

しかし、一方で配偶者のいびきがうるさいという理由で離婚をしたいという方もいるようです。このような配偶者のいびきがうるさいという場合には離婚事由として認められるのでしょうか。

 

離婚に関わる法制度

離婚に関連する法律は民法で規律しています。民法では、話し合いによる離婚(協議離婚)・裁判所をはさんだ話し合いによる離婚(調停離婚)・裁判所の判断による離婚(裁判離婚)の3種類が規定されています。

私の場合は、協議離婚(話し合いによる離婚)が該当します。

この3つの離婚方法のうち、協議離婚と調停離婚の場合には、お互いの合意に基づく離婚であるのに対して、裁判離婚は裁判所の判断による強制的な離婚ということになります。

協議と調停による離婚の場合には、離婚事由(離婚の理由)はどのようなものであっても問題なく認められます。
しかし一方、裁判離婚の場合には民法第770条が定める離婚事由が存在する場合に限って裁判所は離婚を命ずることが可能です。

裁判離婚により離婚をされる場合、いびきという離婚事由は民法第770条にはもちろん書かれていません。

ここで焦点となるのは「その他婚姻を継続し難い重大な事由」という項目に【いびきがうるさい】という理由が当てはまるか、否かという事です。

 

 

 

いびきによる離婚の可能性

結論、いびきがうるさいという理由だけでは離婚認容判決が出ることはほぼないと思われます。

裁判所は「婚姻を継続し難い重大な事由」があるかどうかを検討することとなりますが、いびきのうるささだけによって「婚姻を継続し難い重大な事由」に当たると判断することはほとんど考えられないでしょう。

もっと民法を掘り下げてお話すると、婚姻を継続し難い重大な事由というのは
①婚姻関係が破綻しているかどうか?
②婚姻制度の意味や重要性

上記2点を考慮して裁判所が客観的に判断することとなります。

いびきがうるさいだけであれば、寝室を別にしたり、いびきのための治療をするなど代替策があるので、継続的な協力関係を維持すべき婚姻制度の下で客観的に婚姻を継続し難い重大な事由があるとは到底判断されないと考えられません。

 

まとめ

・・・まぁいびきがうるさいから の1点の理由だけで裁判離婚に持ち込む夫婦はいないと思います。
しかし、奥様が離婚を考える理由の一つに【いびきがうるさい】という事が挙がっているという事実は重く受け止めるべきかと個人的には思います。

本人より、一緒に生活している周りの人たちが被害に合っている 

という意識をまず持って頂いた上で、いびきの改善に取り組んでいきましょう!

 

斉藤さんのいびきによる離婚エピソードはこちら

 

現時点では、いびき対策にはいびきグッズ+サプリメントの組み合わせが最強だと思います。気になる方は是非チェックしてみてください。

>>いびき対策グッズのランキングはこちら

管理人が試したイチオシいびき対策

いぶきの実

寝息サプリランキングNo.1!満足度91.3%の信頼と実績!

いぶきの実は年を取るにつれて衰える筋肉成分を、還元型コエンザイムQ10で補い、内面から寝息のケアを強力にサポートします。その場しのぎの色々な対策グッズで改善出来ずに諦めていた方はぜひお試しください。 今なら初回モニター価格の2,490円(税込・送料無料)で試す事ができます!

-いびきのコラム
-, , , , ,

Copyright© いびき対策NAVI , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.