いびきのコラム いびきの防止 睡眠時無呼吸症候群

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療は何処の病院?何科に行けばいい?

更新日:

nayamigoto-546x364

いびきや無呼吸症候群は病気と同じ!

いびきや無呼吸症候群に悩まれる方は一度専門のお医者様に診てもらう事も改善への方法の第一歩です。

とはいえ、実際いびきや無呼吸症候群の相談をしたい時はどの病院の何科に行けばいいでしょうか??

優先順位毎に紹介していきましょう。

 

1:睡眠外来

あなたのお住まいの近くに、睡眠外来のある病院があればまずそちらで受診される事をおすすめします。

 

睡眠外来とは?

睡眠外来は、いびきや睡眠時無呼吸症候群、ナルコレプシー、不眠症等の睡眠障害を改善するための治療を行っている睡眠治療の専門医療機関 です。

従来は、睡眠障害については心療内科や神経科にて睡眠の障害を改善することが一般的でしたが、近年睡眠時無呼吸症候群などが深刻な問題として受け止められて、より睡眠障害の治療に特化した科が設けられるようになってきました。

具体的に睡眠外来では、睡眠障害や睡眠治療の専門医が下記のような治療や診察を行う事が特徴です。

  • ひとりひとりの睡眠障害の原因特定、治療方法の提案
  • 必要であれば歯科医と協力し、マウスピースの作成
  • 一般の内科より高度で専門的な知識を用いた治療

 

睡眠外来で改善できる症状

睡眠外来は、睡眠治療に関する専門的な知識を持っている医師が在籍している為、いびきや睡眠時無呼吸症候群、不眠症や過眠症など、あらゆる睡眠障害の症状の改善を行ってくれます。
ただし、うつ病など心の病による不眠や仮眠などの場合は、まず心療内科に相談して下さい。

睡眠外来で改善治療を受けられる症状

  • いびき
  • 睡眠時無呼吸症候群(SAS)
  • 激しい寝相
  • 激しい寝言
  • 不眠症 (入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒、熟睡障害)
  • 過眠症 (ナルコレプシーなど)

 

いびきや睡眠時無呼吸症候群の治療にかかる費用は?

睡眠時無呼吸症候群の場合は保険適用範囲で治療を受ける事が出来ます。
詳しくはこちらの記事をご参照ください↓

関連記事)いびき・無呼吸症候群の検査方法と費用

 

 

 

2:耳鼻咽喉科・内科(呼吸器・循環器)

いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因は、上気道が睡眠時に狭まる・もしくは塞がってしまう事が主な原因の為、呼吸器や循環器を診てくれるお医者様に相談するのも有効です。

ただし、睡眠外来がお近くにあればまずはそちらに相談したほうが無難かと思います。 ただし、最近では耳鼻咽喉科でも睡眠時無呼吸症候群の入院検査等も受け付けている病院もありますので、一度確認してみるのもいいでしょう。

 

 

3:かかりつけのお医者様(内科等)

まずはかかりつけのお医者様に相談し、総合病院などを紹介してもらうのも一つの方法です。
ただし、最終的には睡眠障害の治療に特化したお医者様のところへ行く事にはなると思います。

 

 

まとめ

いびきや睡眠時無呼吸症候群は様々な診療科で診られています。
「睡眠外来」などはもちろん、内科(呼吸器・循環器)や耳鼻咽喉科などでも睡眠時無呼吸症候群に対応している場合があります。

もし睡眠時無呼吸症候群の検査・治療に対応している医療機関がお近くにない場合は、かかりつけ医にご相談ください。

 

現時点では、いびき対策にはいびきグッズ+サプリメントの組み合わせが最強だと思います。気になる方は是非チェックしてみてください。

>>いびき対策グッズのランキングはこちら

管理人が試したイチオシいびき対策

いぶきの実

寝息サプリランキングNo.1!満足度91.3%の信頼と実績!

いぶきの実は年を取るにつれて衰える筋肉成分を、還元型コエンザイムQ10で補い、内面から寝息のケアを強力にサポートします。その場しのぎの色々な対策グッズで改善出来ずに諦めていた方はぜひお試しください。 今なら初回モニター価格の2,490円(税込・送料無料)で試す事ができます!

-いびきのコラム, いびきの防止, 睡眠時無呼吸症候群
-, ,

Copyright© いびき対策NAVI , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.