いびきの原因

いびきの原因と対処法:肥満気味の人は要注意!

更新日:

6986d52de7d1bb7aa1e8bab7c36fa93e_s

肥満の人は要注意!

いびきの原因として最も良く上げられるのが【肥満】です。
単純性いびきだけでなく、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の原因としても最もポピュラーです。

 

なぜ肥満だといびきをかくの?

肥満の人は、お腹や顔などの外見の部分だけでなく、内臓や体の内側にも脂肪がつきます。
いびきの原因となる個所は、【首周り・上気道周辺の脂肪】です。

これらの箇所に脂肪がつく事によって上気道が狭くなり、呼吸時に空気抵抗が大きくなります。この為、のどの粘膜や上気道周辺が振動し、いびきが発生しやすくなります。

 

舌も太る!?

肥満の方は舌も肥大傾向にあります。 睡眠時に舌がのどの奥に落ち込んでしまう為、余計に上気道をふさいで振動してしまいいびきが発生しやすくなります。

喉の付け根が完全に喉の奥を塞いでしまうと、睡眠時無呼吸症候群(SAS)のリスクも高まります。

 

隠れ肥満も要注意

例え肥満体型でなくても、内臓脂肪や体内の脂肪率が高い【隠れ肥満】の人もいびきをかきやすい体質といえます。

やせている人でも体脂肪率が男性で25%以上女性で30%以上の場合は体内に脂肪が多い可能性が高いので体質改善を心がけましょう。

私が以前、自宅で睡眠時無呼吸症候群の検査を受けた時は、睡眠が依頼のお医者様から【肥満じゃない人で睡眠時無呼吸症候群は少ないですよ】と言われました。

事実、私の場合いびきの原因は肥満ではなく、扁桃腺とのどちんこの腫れによるものと、鼻炎によるものでした。(最終的にはレーザー手術でのどちんこと扁桃腺を切除して改善しました。)

 

 

肥満が原因のいびきの対処方法

7138faee8c2f1a4f89177bf7a6612f43_s

とにかく痩せる事

これしかないです。逆に言えば、痩せれば改善する可能性が高いです。
特に、【体内の脂肪を減らす】事が大切です。

無理な食事制限によるダイエットは、体の外側の脂肪を減らすばかりで、内臓脂肪や内側の脂肪を減らす事は難しいと言われています。

体内の脂肪・内臓脂肪を落とすポイント
・適度な運動(有酸素運動)
・ご飯をゆっくり良く噛んで食べる

この2点だけでも日々心がけるだけでも、だいぶ改善します。

 

 

まとめ

肥満が原因のいびきの場合は【痩せる】事で改善が期待できます。
ある意味、対処しやすい原因の一つです。

ただし、肥満のままだと睡眠時無呼吸症候群(SAS)など危険な症状にも発展しかねません。
まずは運動を日常的に取り入れて、少しずつでも改善していきましょう。

また、いびきは様々な要因が重なって発生する事が多い為、原因を一度全て洗い出して、一つずつ検証→改善を図っていきましょう。

 

他のいびきの原因もチェック!いびきの原因一覧

 

現時点では、いびき対策にはいびきグッズ+サプリメントの組み合わせが最強だと思います。気になる方は是非チェックしてみてください。

>>いびき対策グッズのランキングはこちら

管理人が試したイチオシいびき対策

いぶきの実

寝息サプリランキングNo.1!満足度91.3%の信頼と実績!

いぶきの実は年を取るにつれて衰える筋肉成分を、還元型コエンザイムQ10で補い、内面から寝息のケアを強力にサポートします。その場しのぎの色々な対策グッズで改善出来ずに諦めていた方はぜひお試しください。 今なら初回モニター価格の2,490円(税込・送料無料)で試す事ができます!

-いびきの原因
-, , , ,

Copyright© いびき対策NAVI , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.