いびきの原因

いびきをかきやすい寝姿~仰向けバンザイは要注意!~

更新日:

0011b

いびきの原因は「寝る姿勢」によっても影響します。

気道が塞がったり狭くなったりする姿勢で寝ている場合は、いびきをかきやすくなります。

いびきがうるさくて悩んでる皆様、自分の毎日の寝ている姿勢はどうですか?これからご紹介する「いびきをかきやすい寝姿」になっていたら、まず寝る体勢の改善から始めてみましょう。

 

いびきをかきやすい寝姿/姿勢

1:仰向けで寝る

仰向けの場合は舌の付け根(舌根)が上気道に落ち込みやすくなります。睡眠中は筋肉が弛緩するので、なおさら気道は狭くなったり塞がりやすくなります。

上気道が閉塞してくると狭い隙間を空気が通ろうとして「いびき」が生じます。そして上気道が完全に塞がれてしまうと空気が通る隙間がなくなり、「睡眠時無呼吸症候群」に陥ってしまうリスクがあります。

 

2:手を上にあげて寝る

いわゆる、「バンザイ寝」です。
手を上に上げて寝る姿勢も、アゴが圧迫されて上気道が狭くなり、いびきをかきやすくなります。

バンザイ寝をしてしまう原因は首の疲れ・頭の疲れ・肩こり等が挙げられます。腕を上に上げたほうが体が楽だから無意識に手をバンザイして寝てしまうようです。

 

3:枕が高い

人間は眠る時、筋肉の力が抜け、下顎が後退するため、気道が起床時より圧迫されます。枕が高いと、アゴが引けて首が圧迫されるため気道が圧迫され、よりいびきをかくようになります。

仰向けと高い枕のセットでいびきをかいている人が多いようです。

 

ちなみに私は、以前まで仰向け+バンザイ寝+硬くて高い枕好き=トリプルコンボでした。(笑)そりゃいびきかくよねって状態です。

 

 

 

いびき対策に理想的な寝る姿勢

how_to_stop_snoring_positions

ずばり、横向き寝

いびき対策の寝姿としては「横向きで寝る習慣をつける」と言う事が大切です。

 

illust4
↑図の通り、横を向けば舌の落ち込みや、上気道をふさぐ要因がかなり減少する為、呼吸が非常にスムーズになります。

 

横向き寝のポイント

・首が真っすぐになるような枕の高さにする。
・慣れない場合は抱き枕を使うのも効果的。

 

裏技:登山リュックを背負って寝る

強制的に横向きで寝る荒技です。

登山などで使う大きめのバックパック(リュック)にたくさん重たいものを詰め込んで、背負って横向きで寝る事で、横を向けないので強制的に横向きで寝る習慣が付きます。

ちなみに私も実践していましたが、器用に顔だけ上を向いていびきをかいていたという情報が入り、挫折しました・・・

 

 

まとめ

横向きで寝る事を習慣づけるのは最初は難しいかもしれません。

ただ、大半のいびきは横向きに寝る事で軽減、解消する事が出来ます。横向きで寝やすい枕や抱き枕を利用して、まず横向きで朝まで寝れるようにトライしてみましょう!

 

他のいびきの原因もチェック!いびきの原因一覧

 

現時点では、いびき対策にはいびきグッズ+サプリメントの組み合わせが最強だと思います。気になる方は是非チェックしてみてください。

>>いびき対策グッズのランキングはこちら

管理人が試したイチオシいびき対策

いぶきの実

寝息サプリランキングNo.1!満足度91.3%の信頼と実績!

いぶきの実は年を取るにつれて衰える筋肉成分を、還元型コエンザイムQ10で補い、内面から寝息のケアを強力にサポートします。その場しのぎの色々な対策グッズで改善出来ずに諦めていた方はぜひお試しください。 今なら初回モニター価格の2,490円(税込・送料無料)で試す事ができます!

-いびきの原因
-, , , , ,

Copyright© いびき対策NAVI , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.